さぁ、はじめよう微生物学研究

本講座では、基礎から臨床微生物学(ウイルス・細菌・自然免疫)に関するさまざまな研究を行っています。



String Test

過粘稠性K. pneumoniaeの判定に用いられます。

E-test

抗菌薬への感受性を調べる方法の一つとして用いられます。

 

 

微量液体希釈法

抗菌薬への感受性を調べる方法の一つとして用いられます。

ゲル電気泳動

PCRで増幅した標的遺伝子の有無の判定に用いられます。

プラーク法によるウイルス力価測定

ウイルス感染による細胞変性効果(CPE)を利用して、ウイルスの数(力価)を測定します。


新着情報


2018年8月22日

『論文ゼミ一覧』を作成いたしました。

 

 

2018年7月13日

本田先生(D4)の論文がAntimicrobial Agents and Chemotherapyに受理されました。

Haemophilus influenzaeのβ-ラクタム系抗菌薬耐性に関する分子疫学的解析を行った研究内容です。

 

Honda H, Sato T, Shinagawa M, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Shiraishi T, Kuronuma K, Takahashi S, Takahashi H, Yokota SI.

Multiclonal expansion and high prevalence of β-lactamase-negative high-level ampicillin-resistant Haemophilus influenzae in Japan, and susceptibility to quinolones.

 

 

2018年7月13日

業績を更新しました。

 

 

2018年6月28日

山本先生の論文がCell Reportsに掲載されました。

Northwestern University (Chicago, USA)に留学中のオートファジーに関する研究内容です。

 

Yamamoto S, Kuramoto K, Wang N, Situ X, Priyadarshini M, Zhang W, Cordoba-Chacon J, Layden BT, He C.

Autophagy Differentially Regulates Insulin Production and Insulin Sensitivity.

Cell Rep. 2018 Jun 12;23(11):3286-3299. doi: 10.1016/j.celrep.2018.05.032. PMID:29898399

 

 

2018年6月24日

佐藤先生の論文がAntimicrobial Agents and Chemotherapyに受理されました。

 mcr陰性大腸菌ST131のコリスチン耐性に関する研究内容です。

 

Sato T, Shiraishi T, Hiyama Y, Honda H, Shinagawa M, Usui M, Kuronuma K, Masumori N, Takahashi S, Tamura Y, Yokota SI.

Contribution of novel amino acid alterations in PmrA or PmrB to colistin resistance in mcr-negative Escherichia coli clinical isolates including major multidrug-resistant lineages O25b:H4-ST131-H30Rx and non-x.

Antimicrob Agents Chemother. 2018 Jun 18. pii: AAC.00864-18. doi: 10.1128/AAC.00864-18. [Epub ahead of print] PMID: 29914952